ドラム ゴミ

不要になった楽器の処分はまだ使える状態であれば楽器の買い取り業者に依頼すれば、いくらかでも現金化することができます。

 

ドラムをゴミとして捨てるのではなく高く売りたい場合はこちらをお読みください

 

楽器はしばらく使わないでおいておくと、金属パーツの錆つき木材の劣化などで使えない状態になります。使えない状態であれば売ることもできませんし、取っておくにしても使い物にならなければ邪魔になるだけです。

 

特に大型の楽器は設置場所も広く部屋の大半を占有することになります。持っていても役に立たず、使い道がなければ廃棄処分しか方法はありません。

 

使い道のなくなった不要なドラムセットや電子ドラムを廃棄処分する場合、ゴミの分別処理は粗大ごみに分類されます。ドラムセットは金属パーツが大半締めているように見えますが、構成される材質もたくさん使われています。

 

太鼓の部分は大きさの違いはありますが、共鳴部は木製でスタンドやフレームは金属パーツです。ヘッドは樹脂製で金属パーツの部分と同様に取り外すことが可能です。

 

燃えるゴミとそうでないものに分別することで、自治体で決められている収集日に回収してもらうことはできますが、一度にたくさんの廃棄物を出すと断られることがあるので現実的ではありません。

 

分解の手間などを考えずに処分したい場合には、自体が運営する最終処分場に持ち込むことで簡単に処分してもらえることができます。引き取り価格も重量やサイズで決められていることが多く、高額になることはありませんが、持ち込みは個人で行うようになります。

 

一般的な廃棄品であれば乗用車の荷台などで十分ですが、ドラムセットはひとつずつの部材が大きく重量があり、軽乗用車タイプのトラックかワゴン車が必要になります。

 

埋め立てゴミでの処分であればそのまま持ち込みすることは可能ですが、自治体によっては燃えるごみとそうでないものの分別が必要になり、それぞれの処分場へ運ぶ必要があります。

 

いずれも料金は高価ではありませんが、運搬する車両の準備が必要ですし、トラックタイプの車両を使用する場合は荷積みの方法も注意する必要があります。

 

持ち込みが不可能な時は自治体に問い合わせることで回収してもらうことができますが、この場合も所定の収集場所まで運搬する必要があります。回収までの手続きが複雑場合もあります。

 

民間の廃棄物収集業者に依頼すると、金額も効果にはなりますが、指定の場所まで回収に来てくれますし、運び出したり積み込みもすべて業者が行います。

 

手間や金額を比較したうえで、最良の方法を選択することが重要になります。

ドラムセット電子ドラム高価買取!無料で出張買取できます↓↓